現在の主流術式

一時テレビCMでも流れるくらい一般の人にまで浸透しているレーシック。現在はイントラレーシックという医療用レーザーを使ってフラップを作成する術式が主流となっています。

レーシックの歴史

日本でレーシックが一般的に広まったのは2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーの使用を認可してからなので、まだほんの10年ほどと歴史が浅いです。そのため長期的な安全は実証されてはいませんが、2009年アメリカの医学誌「Archives of Ophthalmology(眼科学)」11月号にて近視レーザー手術は長期的な観点からも安全であるという研究結果が発表されています。

イントラレーシックとは

従来のレーシックとイントラレーシック手術の最大の違いはフラップの作り方にあります。フラップとは目の角膜を削ったフタの部分です。レーシックとはこのフラップをめくりエキシマレーザーという医療用レーザーを照射して視力を矯正します。

マイクロケラトームによるフラップ作成

従来のレーシックではフラップを作るのにマイクロケラトームという医療用の電動カンナのような器具を使います。マイクロケラトームではカンナ部分の往復運動によりフラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになり、まれにシワの原因となることがあるという懸念点があります。

イントラレーザーによるフラップ作成

対してイントラレーシックの場合はアメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。

利点はフラップが均一・正確に作成でき、視力の回復度合いも高いという実績があります。またマイクロケラトームよりもフラップが薄いので強度の近視の方でもレーシック手術が可能となります。

ある意味医師の技術に左右されるマイクロケラトームよりもイントラレーシックの方が主流であることが理解できると思います。

オリコン顧客満足度全国第2位のクリニック

SBC新宿近視クリニック
最近人気が急上昇中のSBC新宿近視クリニック。友達にぜひ薦めたいと口コミで評判です。
  • 口コミかなり信頼感がもてる対応でした。(30代/女性)
  • 治療に関して不満は全くなく、経過も順調。(30代/女性)
  • 知り合いの紹介で行ったので、安心して行きました。(30代/女性)

レーシックについて

そもそもレイシックとはどのような仕組みであるか説明いたします。

医院ランキングをチェック

神戸神奈川アイクリニック
400,000症例以上の実績。アイレーシック症例数は国内No.1。新宿/梅田/天神。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸神奈川アイクリニック
新宿近視クリニック
いまレーシックを希望されている方の多くが選んでいるクリニック。加藤夏希さんもその一人です。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック
品川近視クリニック
症例実績118万を超える最大手クリニック。低料金から最新治療まで幅広く対応。実績豊富な医師が多数在籍しています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック